<< 【CoCo解説】アローダイヤグラム | main | 今日の一句 >>

スポンサーサイト

2018.10.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

【1日1問】工事担任者過去問(9月10日分)

2010.09.17 Friday
こんにちは。
メリーのひつじです。
(@´・ エ ・`@)

9月10日分の問題です。

【 問 題 】
ルータのPMTUDの機能などについて述べた次の記述のうち、誤っているものは、(  )である。

 .襦璽燭蓮転送するパケットが大きすぎ、また、DFビットが
  設定されている場合、その転送されてきたパケットを一度破棄
  し、発信元アドレスに対して、ICMPメッセージを送信する。

 ▲襦璽燭蓮転送するパケットが大きすぎてもDFビットが設定
  されていない場合は、フラグメント化を行いパケット転送する
  ことができる。
 
 PMTUDは、発信元ホストとネットワーク内の全てのルータ
  においてPMTUDが有効に機能するよう設定されている場合、
  パケットの発信元からあて先までの経路上にあるリンクの最大
  のMTU値を検出する。

 ぃ丕唯圍妝弔僕僂い蕕譴襭稗達唯丱瓮奪察璽犬砲蓮◆屬△得
  到達不能」、「フラグメント化が必要だがDFビットが設定
  されている」などの情報が含まれる。




答え 



<<ひつじ的解説>>
PMTUDath MTU iscovery)とは
インターネット上には様々なデータリンクがあるため、途中のMTUサイズ(ネットワークにて一度に送信できる最大のデータサイズ)はわからないので、経路途中の最小MTU値を知る必要がある。この働きをPMTUDと言う。

ルータは、大き過ぎるパケットを受信した場合に

 DFフラグが設定されている
  そのパケットを破棄してICMPのエラー通知(Type3 Code4)を送信
  ホストへ
送信する

ICMPフラグメント

 DFフラグが設定されていない
  フラグメント化を行いパケット分割して送信する

 <<フラグメント化のデメリット>>
  ・フラグメント化のオーバーヘッドが発生する。
  ・パケットを分割するので、パケット数が増加する。
  ・分割したパケットのいずれかが破損した場合は、元のIPパケットの全てが
   台無しになる

★ICMPのTypeとCode★

ICMPのTypeについては、以下のようなものがあります。

type表


Type3(Destination Unreachable)のCodeについては以下のものがあります。

type3code表


さて問題を見ていきましょう。

 ,蓮■庁謄咼奪箸設定されている場合のことです。
  パケットを破棄して、ICMPメッセージを発信元に送信するので、正しい

 △蓮■庁謄咼奪箸設定されていない場合のことです。
  フラグメント化をして、パケットを転送するので、正しい

 は、PMTUDについてです。
  PMTUDは最小のMTU値を検索するので、誤り

 い蓮■圍pe3 Code4 のICMPメッセージなので、正しい


よって、誤っている記述は、  となる。


【 補 足 】
 PingコマンドをつかったMTU値の算出法が載ってますので、一読して
 みてください。

  参考URL:
http://atnetwork.info/tcpip/tcpip90.html


ここに書いてある解説は、ひつじ個人の解釈によるものです。
ご参考程度にお読みください。間違い、勘違い等がありましたら指摘いただけるとありがたいです。<(_ _)>



スポンサーサイト

2018.10.17 Wednesday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 18:56
  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック